カナガンドッグフードは子犬に与えても大丈夫?子犬に必要な栄養素

カナガン与え方 カナガンドッグフード
◆子犬からカナガンを与えて大丈夫?
◆子犬に与える時、粒を砕かないといけない?
◆子犬にはどんな栄養バランスのドッグフードがおすすめ?

口コミ評価で一躍人気になったカナガンドッグフード。無添加で安全だから子犬から与えたい!という人も多いのではないでしょうか?

カナガンは子犬に与えても良いの? 何ヶ月から?

まず、はじめに気になるのは「対象年齢」のことですよね。カナガンドッグフードは、全年齢対応のドッグフードです。

子犬(2ヶ月)から与えても大丈夫◎離乳食が始まった間もない時はNG。2ヶ月ごろから与えましょう。

今回は、子犬に与える時の注意点や、子犬が必要とする栄養素などを月齢別にまとめてみました。カナガンドッグフードを子犬に与えてもいいのか不安な人はチェックしてみてくださいね♪

生後2ヶ月からOK

💡上のサイトは初回購入最大20%OFFでお得です

カナガンドッグフードを子犬に与えたい!粒の大きさは大丈夫?

カナガンドッグフードを子犬に与える時、粒の大きさは大丈夫なのでしょうか?カナガンドッグフードの粒の大きさを確認してみましょう。

カナガンドッグフード粒大きさ画像 カナガンは大体1cmくらいの大きさです。小さめに部類されるくらいの大きさなので子犬に与えても大丈夫◎

さらに、手で割れるほどの固さなので子犬でも安心して与えることができます。 砕いた粒画像 普通のドッグフードだと、手で割るには少し固いですがカナガンドッグフードは1粒1粒細かく手で砕く事ができるくらい柔らかいです。

カナガンドッグフードを子犬に与えたい!つぶしたり、ふやかすべき?

カナガンドッグフードを子犬に与える時、潰したりふやかすべきなのでしょうか? 子犬の年齢によって決めて大丈夫◎

生後3週間ごろから離乳食を開始する人が多いと思います。離乳食始めたてはカナガンドッグフードを与えることができません。

離乳食初期に使えるドッグフード一覧
◆このこのごはん
◆ブッチドッグフード
◆ファムタイズ

カナガンドッグフードは生後2ヶ月から与えられるドッグフードなので、2ヶ月から与えましょう。 2ヶ月くらいの子犬ならふやかすことなく与えることができます。

手でも砕けるくらいの固さなので、わざわざふやかす必要はありません。 ただし、特別あごが弱い子、ふやかしたフードが好きな子がいると思います。愛犬の個性に合わせて決めてください。

カナガンドッグフードを子犬に与える時注意するべきこと

カナガンを子犬に与える時に気を付けることを確認しましょう

◆1日何回に分けて与える
◆必要な子は必ず砕いて与える
◆カナガンに切り替える時は慎重に
◆新鮮な水は必ずそばに置いておく

1日何回に分けて与える

人間の赤ちゃんが1日に何回かの授乳が必要なコトと同じく、 犬の赤ちゃんも1日に4~5回に分けて与えます。

1日に1~2回の食事だと、低血糖になってしまう可能性もあるため、注意が必要です。低血糖は3ヶ月までの犬に多く見られます。

ふらついてしまったり、ぐったりする、食欲低下といった様子が見られたら低血糖になっている可能性があります。1回の食事の量を減らして食事する回数を増やしましょう。

必要な子は必ず砕いて与える

カナガンドッグフードは比較的砕きやすいフードではありますが、子犬にとってはまだまだ固いかもしれません。

最初は一粒ずつ与えてみてしっかりと砕いて食べるか確認しましょう。

丸飲みしてしまう場合は注意が必要です。特に食欲旺盛な子は、丸飲みしすぎて喉に詰まらせてしまう可能性もあります。

基本的には大丈夫ですが、愛犬の様子を確認してください。必要な子は必ず砕いたり、ふやかしてあたえましょう。

カナガンドッグフードに切り替える時は慎重に

2ヶ月から与えられるカナガンに切り替える場合は、他のドッグフードから切り替える必要があります。

最初は、今まで与えていたフードにカナガンを1割混ぜてはじめましょう。

そして、1週間ほどかけて徐々に慣れさせます。 いきなりカナガンドッグフードを100%で与えてしまうと、お腹を壊してしまうことも考えられます。

軽く考えずに慎重に切り替えをしましょう。

子犬の月齢別与えたい栄養素

子犬は1年間という速さで大人の犬に成長します。 その過程で必要な栄養バランスがあります。 急に成長する犬にとって、ドッグフードの栄養素は命の源。

低品質なドッグフードを与えてしまうと栄養バランスが崩れ成犬になった時、アレルギーを発症しやすい身体になってしまうことも。

早速、子犬の月例別に意識したい栄養素を確認していきましょう。

生後1ヶ月の子犬に必要な栄養素

生後1ヶ月の子犬は、母乳を離れる準備をします。離乳食初期なため。抵抗力を高めるための栄養素が必要不可欠です。 母乳を与えられていた子犬は免疫がなくなりつつある時期なので、ドッグフードでしっかりと免疫力を補いましょう。 この時期はビタミンEやビタミンBが必要な時期です。抵抗力を保つことができるのでビタミンE・ビタミンBに注目してみてください。 また、オリゴ糖は子犬の消化器系を助けてくれます。善玉菌を増やす為にもサポートが必要です。

生後2ヶ月の子犬に必要な栄養素

2ヶ月になると骨の成長に注意してください。カルシウム・リンが必要になってきます。カルシウム・リンはいつの時期の子犬にも必要ですが、生後2ヶ月から意識し始めるといいですね。 特に、大型犬ならばコロコロとした身体からドシッとした身体つきに代わります。骨の健康を維持するカルシウム・リンは小型犬よりも必要な栄養素になります。

生後4ヶ月の子犬に必要な栄養素

この時期の子犬もカルシウムが必要です。 しかし、与えすぎは禁物。サプリメントはやめておきましょう。 できるだけドッグフードで与えることをおすすめします。※ガイドラインによると、体重1キロあたりカルシウム0.5gになります。

足りない分を補うならサプリメントもOKですが、できるだけ控えましょう。 理由は、生後6ヶ月までの子犬は、カルシウムの過剰摂取をそのまま吸収してしまうためです。

余分なカルシウムを排出することができずに体調を崩してしまうこともあります。

生後6ヶ月までの子犬はカルシウムを取らないといけないですが、過剰摂取するとダメな時期なので難しい時期なのです。 ※ガイドラインによると、体重1キロあたりカルシウム0.5gになります。

生後7ヶ月の子犬に必要な栄養素

この時期まで子犬は体重が増え続けています。生後7ヶ月の子犬に与えるべき栄養素はタンパク質。 高品質なタンパク質を与えましょう。

高品質とは具体的に「鶏肉」で摂取することができます。必須アミノ酸がバランス良く含まれたタンパク質のことです。

◆鶏もも肉
◆あじ・さば
◆乳製品
◆納豆

がおすすめ食材。 鶏もも肉は特に良質なタンパク質が摂れるためおすすめです。 ドッグフードでも鶏もも肉は定番ですよね・・!

生後10ヶ月の子犬に必要な栄養素

小型犬は生後10ヶ月で成犬の大きさになります。大型犬の場合はまだ大きくなります。この頃の大型犬~超大型犬は筋肉が発達し骨に少し影響が出てきます。

そのため関節サポートを意識する事が必要です。グルコサミン・コンドロイチンは軟骨の保護に役立つ栄養素。

不足してしまった子犬は、中高齢期以降に関節の問題に苦しむことになる可能性が出てきます。グルコサミン・コンドロイチンは中高齢の犬に必要かと思いきや一番必要なのは生後10ヶ月の子犬だと言っても過言ではありません。

関節の問題を抱えてからグルコサミン・コンドロイチンを摂るのではなく、子犬のころから意識して摂っておくことが大切です。 大型犬~超大型犬は必要不可欠。グルコサミン・コンドロイチンが入ったフードを選ぶと自然と毎食摂れるのでおすすめです。

成犬になったら必要な栄養素

成犬になったら必要なのは、体重がこれ以上増えないようにするための食生活です。バランスよく食事を摂る必要があり、肥満を回避しましょう。

肥満になると、散歩が億劫になり嫌がり、さらに肥満になるという悪循環が発生します。 肥満と判定される成犬は4分の1にもなります。

推奨給与量を守り、愛犬の催促に負けない飼い主になりましょう。 催促されたまま与えてしまうと、愛犬の健康に被害が出てきます。肥満は様々な病気の第一歩。 1日の給与量を守ってドッグフードを与えるようにしましょう。

カナガンドッグフードの原材料を確認してみよう

骨抜きチキン生肉26%、乾燥チキン25%、サツマイモ、エンドウ豆、ジャガイモ、エンドウタンパク、アルファルファ、鶏脂3.1%、乾燥全卵3.1%、チキングレイビー1.6%、サーモンオイル1.2%、ミネラル(硫酸第一鉄水和物、硫酸亜鉛一水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(II)五水和物、無水ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン(ビタミンA 16,250IU/kg、ビタミンD3 2,400IU/kg、ビタミンE 240IU/kg)、グルコサミン1000mg/kg、メチルスルフォニルメタン(MSM)1000mg/kg、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、オオバコ、海藻、フラクトオリゴ糖、コンドロイチン700mg/kg、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、クランベリー、アニスの実、コロハ

カナガンドッグフードを子犬に与える時の給与量

成犬時の体重
(kg)
1日の給与量(g)
2-3
ヶ月
4-5
ヶ月
6-7
ヶ月
8-9
ヶ月
10-11
ヶ月
12-13
ヶ月
14-15
ヶ月
16-17
ヶ月
トイ
(1~5kg)
65 85 95 85 65 成犬 成犬 成犬
小型
(5~10kg)
145 165 180 165 155 145 成犬 成犬
中型
(10~25kg)
215 235 255 255 235 225 215 成犬
大型
(25~45kg)
385 405 425 440 425 405 395 385

カナガンドッグフードを成犬に与える時の給与量

体重(kg) 1日の給与量(g)
3kg 35~80
5kg 75~120
10kg 90~190
15kg 110~240
20kg 135~285
30kg 200~380
40kg 270~475
40kg~ 360~

カナガンドッグフードを与えている人の口コミ

カナガンドッグフードを愛犬に与えている人の口コミを確認してみましょう。 今回、口コミは楽天・Amazon・SNSから参考にさせてもらいました。

カナガンドッグフードの良い口コミ

5.0 完食 早速 我が家のワンコに食べさせてみました。 初めて食べるのに、とても 食いつきが良く、完食でした。出典https://review.rakuten.co.jp/
4.0 試しに購入してみました。もう少し少量のものを検討してましたが、愛犬の食いつきも良く、グレインフリーなので、安心してあげられてます。出典https://review.rakuten.co.jp/
4.0 うちの子はとても気に入っています ショップで与えられていた給餌量が明らかに少なく、うちに来た時からガリガリで獣医さんにも「もっと太らせて」と言われたため、もともと与えていた餌の量を増やしたのですが、まだ仔犬で消化器官が出来上がっていなかったためか軟便。 1日5回程にわけてごはんをあげても便は柔らかく、肉付きも変わらずガリガリで、それならば吸収率の良いものにしてみようと思い、ネットで評判のよかったカナガンを試してみたところ食い付きもよく、便もしっかりして、いい具合に肉もついてきました。 出典:https://www.amazon.co.jp/

4.0 ドライフード嫌いのワンコもシレーっと食べてます とにかく、ドライフード嫌いのうちのわんこ。餌食い優先で選択しています。カナガンもがっつく訳ではなく、気づけばシレーっと食べている感じです。出典:https://www.amazon.co.jp/

5.0 小粒で小型犬も食べやすい大きさで、体を拭くのを嫌がるので、その時、ご褒美にもあげます、一番良かった事は、下痢をしなくなりました、ただ、普通のフードより、御値段が高い分、材料が良いので、冷蔵庫に入れたり、出したり、又、気温、湿度の高い所に置いていたら、何故か下痢をした、みたいな事があります、それは何故かというとカビが生えます、化学的な添加物が入ってない証拠だと思います、フードの監理はたいした事ないのでいつもこれです、夏は、人肌位のぬるま湯をひたひたに入れます、これが一番体にあっているみたいです。出典:https://www.amazon.co.jp/

5.0 値段は高いですが・・・ 愛犬(ミニピン)に食べさせてます。 フンは硬くなりましたが食べ物アレルギーの犬にはいいみたいです。次回はサーモン&チキンを買いたいと思います!出典:https://www.amazon.co.jp/

5.0 柴犬にもオススメ 2度目の購入になります。すぐに自宅に届くので助かっています。柴犬の脱毛症が気になり、ネットでの評判の高いこちらのフードを選びました。与え続けて2カ月になりますが、毛のツヤがよくなり、円形に脱毛していたところも毛が生えてきて目立たなくなりました。今後も購入したいです。出典:https://www.amazon.co.jp/

カナガンドッグフードの悪い口コミ

1.0 食べない 日本一の食いつきーーーうそ!!一個も食べないです。自信があれば試しを販売して下さいよ。2kgも買って一個も食べない何で~ーーー高いのは別にして食べるか食べないかまず、試してから買いたいです。出典:https://www.amazon.co.jp/

2.0 涙やけに全く効果なし 【涙やけが改善する】というネット情報に惹かれ購入しましたが、全く効果ありませんでした。出典:https://www.amazon.co.jp/

3.0 うちのワンコはダメでした 食い付きが良いとの事で購入しましたがあまり食べてくれませんでした。フードの匂いがかなり臭いです。食べた後のワンコの口もかなりの臭さでした。それと硬いです。ふやかしてあげてたのですが、ふやけるまでに結構時間がかかりました。 出典:https://www.amazon.co.jp/

3.0 においが。 臭いがキツイです。食いつきも悪かったです。栄養的にはバランスが取れていて良いと思います。出典:https://www.amazon.co.jp/

3.0 ペットにあげてみたが、食いつきがイマイチでした。やはり好き嫌いがあるのでしょうか? 出典:https://www.amazon.co.jp/

【まとめ】カナガンドッグフードは子犬に与えても良いドッグフード?

カナガンドッグフードは生後2ヶ月の子犬から与えても良いドッグフードです。

生後2ヶ月より前の子は、 離乳食初期に使える無添加ドッグフードを与えましょう。
◆このこのごはん
◆ブッチドッグフード
◆ファムタイズ
があります。確認してみてくださいね。

生後2ヶ月以上の子はカナガンドッグフードを与えて大丈夫◎ 子犬に必要な栄養素が全てバランスよく摂れるので、カナガン1つで子犬~成犬まで育てあげることができます。

✔ビタミンE・ビタミンB
✔オリゴ糖
✔カルシウム・リン
✔鶏もも肉(良質なタンパク質)
✔グルコサミン・コンドロイチン

この全てがカナガンドッグフードで摂れるので、サプリメントを合わせなくてもOK。あなたの愛犬が気に入れば子犬~成犬までずっと与えたいドッグフードの内の一つです。

また、カナガンには「カナガンデンタルドッグフード」もあります。 カナガンデンタルドッグフードは、カナガンの原材料に「口臭ケア」 の成分が入っているので子犬から与えておくと後々口臭で悩む可能性は低くなります。

添加物知らずの艶やかなワンちゃんに成長させたい!

それなら、カナガンドッグフードはおすすめのご飯です。

定期コースなら初回10%OFF

💡縛り契約が無いので安心

コメント

タイトルとURLをコピーしました