カナガン犬用の缶詰のカロリーは?ご飯を食べない愛犬に。

カナガン缶詰 カナガンドッグフード
  • 缶詰だけで栄養は足りる?
  • カナガン犬用缶詰のカロリーは?
  • カナガンウェットフードについて知りたい!
解析編集部
解析編集部

愛犬がご飯を食べなくなった。もう少し食欲を出してあげたい場合、プレミアムドッグフードの缶詰が気になりますよね。今回は、カナガンのウェットフードを調査してみました!

【カナガン犬用】缶詰のカロリー

カナガンウェットフードの成分表を見てみましょう!100gのカロリーはどのくらいなのでしょうか?

解析編集部
解析編集部

もっとカロリーを取りたい!食が細い子にカナガンウェットフードが好評です。

粗タンパク質 10.5%
脂質 6.1%
粗繊維 0.5%
粗灰分 2.3%
水分 75%
エネルギー(100gあたり) 約105.82kcal

100gあたりのカロリーが約105.82kcalなので、1日の給与量を見て与える量を調整してみましょう。

1日の給与量はどのくらい?しっかり確認したいです。

【カナガン犬用の缶詰】1日に与える量は?

体重(kg) 1日の給与量(1缶400g)
1~5kg ¼缶~½缶
5~12kg ½缶~1½缶
12~25kg 1½缶~2¾缶
25~45kg 2¾缶~3¾缶
45~70kg 3¾缶~5¾缶

この量を与えると、1日分の栄養が摂れます。

解析編集部
解析編集部

カナガンウェットフードは、トッピングではなく缶詰だけ与えても栄養が補えます。食が細い子にはカロリー調整として与えると良いですね。

カナガン犬用の缶詰は1日の栄養を補える?

カナガン缶詰

カナガン犬用の缶詰は、1日の栄養を補えるのでしょうか?

カナガンのウェットフードは、お肉・野菜を使い、1日に必要な栄養を摂取できるドッグフードです。主食として与える事ができます。上記の給与量を目安にして、適切な量だけ与えてくださいね!

カナガンのウェットフードについて

カナガンのウェットフードの特長は、

  • グレインフリー
  • 香料・着色料不使用
  • 人間が食べられる食材を使用
  • どうしても食べてくれないワンちゃんに
  • 緑イ貝を配合し、シニア犬の栄養補給に最適。
  • ゆっくり加熱しているからビタミンや栄養素はそのまま

品質はカナガンドライタイプと変わりなく、緑イ貝を配合して栄養面に特化した缶詰になっています。

缶詰は添加物や、着色料、香料がたっぷりと入っているイメージだけど・・

カナガンの缶詰は、香料・着色料は添加していません。保存料は、ビタミンEを使用しているため、人口添加物不使用です。

缶詰の中でもクオリティが高いほうなので、安心して与える事ができる!と愛犬が食べない事で悩んでいる飼い主さんに好評です。

解析編集部
解析編集部

というのも、香りの強いウェットフードのほとんどが、香料を使用して犬の食欲をそそるように出来ているからです。

そんな添加物だらけの食生活を続けていたら、ワンちゃんも体調を崩しかねませんよね。

カナガンの缶詰は『プレミアムドッグフード』なので、安全面はクリアしています。安心しましょう。

3,200円払っても買いたいのはプレミアムだから!値段が高くて、品質が悪かったらだれも支持しませんよね。

元々、プレミアムドッグフードの缶詰は値段が高くなってしまいます。それは、品質が高いから仕方がないことです。

しかし、中には値段が3缶5,000円くらいするのに、添加物(BHT、ソルビンなど)が配合されていて悪質なドッグフードがあります。

そこだけ気を付けて犬用缶詰を選びましょう!

まとめ

カナガン犬用の缶詰は、

骨抜きチキン生肉(65%)、サツマイモ、プレバイオティクス(チコリー、バナナ)、ニンジン、エンドウ豆、ブロッコリー、ビタミンD3、ミネラル類(硫酸亜鉛一水和物、硫酸マンガン、無水ヨウ素酸カルシウム)、緑イ貝、サーモンオイル、リンゴ、ホウレンソウ、海藻、パセリ、ユッカ、ローズヒップ、イラクサ、マリーゴールド、アカニレ、アニス、セイヨウハッカ、ローズマリー
  • 高たんぱくのグレインフリー
  • オメガ3脂肪酸のサーモンオイル
  • ビタミン・ミネラルが豊富な野菜や果物

が特長です。

カナガンドッグフードに入っているたった1つの懸念材料である『卵』『ジャガイモ』も入っていないので、アレルギーに対する心配も少なくなって好評です。

解析編集部
解析編集部

チキン肉を使っているため、アレルギーの心配が少なく、与えやすさはトップクラスでしょう。

カナガンの缶詰を与えたい時の参考になってくれると嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました